フロン排出抑制法対策


2015年4月「フロン排出抑制法」が施行され

業務用エアコンの点検、修理が義務化されました。

冷媒フロン類取扱技術者等による点検が必要です

フロンってなに?

フロンとは、フルオロカーボン(フッ素と炭素の化合物)の総称であり、CFC(クロロフルオロカーボン)、HCFC(ハイドロクロロフルオロカーボン)、HFC(ハイドロフルオロカーボン)をフロン排出抑制法ではフロン類と呼んでいます。科学的に極めて安定した性質で扱いやすく、人体に毒性が小さいといった性質を持っていることから、エアコンや冷蔵庫などの冷媒などさまざまな用途に活用されてきました。

しかし、オゾン層の破壊、地球温暖化といった地球環境への影響が明らかにされました。フロン類は、二酸化炭素の100倍から10000倍の音質効果があります。

そのため、フロン類が使用されている製品からのフロン類の排出抑制が必要となり、フロン排出抑制法が制定されました。

自社で対策できないの?

機器の管理者様は、業務用エアコンの適正な管理と、フロン類の排出抑制に努めなければなりません。

管理者様には、日常的な簡易点検が推奨されています。

しかし、一定規模以上の業務用の空調・冷凍冷蔵機器などは、規模により1年もしくは3年に一度、有資格者による定期点検の実施が義務付けられています

K&Sはフロン回収も迅速に対応!

K&Sは「第一種フロン類充填回収業者」としてフロン回収に関する免許を取得しており、「第一種冷媒フロン類取扱」をはじめとするフロン回収の有資格者が多数在籍しています。そのため、信頼ある施工を安心かつ迅速に行うことが可能です。

難しいフロン回収の見積も
業界最速レベル

フロン回収は施工の見積もりが難しく、作業に取り掛かるまでかなりの時間がかかってしまうことが少なくありません。そのため、K&Sでは明確な料金体系を設定しています。わかりやすい価格で概算を出すことができ、予算を素早く決めることができます。

ここに価格例表示